15

Bizet “Carmen”ビゼー「カルメン」

ジョルジュ・ビゼー(1838年-1875年)が作曲したフランス語によるオペラ「カルメン」をイメージして制作しました。色の違う4種類の赤系ガラスを組み合わせ、重ね合わせることで深みのある、真紅のグラデーションを表現しました。ガラスの立体感を残し、身に着けると、より一層華やかになるアクセサリーです。

カルメン組曲
Carmen Suite

『カルメン(Carmen)』は今では世界で最も有名なオペラの一つですが、ビゼーの生前にはヒットせず、彼の死後に人気を高めていきました。このオペラは音楽の宝石箱のようで、「ハバネラ」「闘牛士の歌」など所々に名曲が散りばめられています。「序曲」はクラシックファンではなくても、すべての人が耳にしたことがあるであろう音楽です。