13

Bach “The Goldberg Variations BWV988”バッハ「ゴルドベルク変奏曲」

ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(1685年-1750年)が作曲した「ゴルドベルク変奏曲」をイメージして制作しています。
私の幼少期、不眠症だった父が毎日寝る前に、グレン・グールド(ピアニスト)のゴルドベルク変奏曲を聴いていました。おかげで、私にとってこの曲は、寝るときの曲。今でも気分を落ち着けたいときに、聴いたり弾いたりします。

2段鍵盤付きクラヴィチェンバロのためのアリアと種々の変奏(ゴルドベルク変奏曲)
Clavier Ubung bestehend in einer ARIA mit verschiedenen Veraenderungen vors Clavicimbal mit 2 Manualen

ゴルドベルク変奏曲は、最初と最後に登場するアリアが形を変え、32曲からなる小曲で構成されています。
バッハが手ほどきをしたゴルドベルクが、不眠症に悩む伯爵のためにこの曲を演奏したという逸話から、この題名がついたと言われています。
バッハが作った、洗練された美しい音の世界を、透明なガラスと空気(気泡)だけで表現しました。